supportline

画像は2013/9/29のUSDJPY 1Hになります。

画像で見てわかるように、レジスタンスラインで抑えられて落ちていってますね。

サポート/レジスタンスライン近辺で反発するかどうかが注目ポイントです。

 

私の考えるサポート(レジスタンス)ラインとは、多くの投資家たちが意識する価格ラインであり、そこには多くのストップ注文があります。

やはり、損失を出すのは誰もが嫌なので、大抵反発します。

 

ラインを突破するには、それなりのエネルギーが必要となります。

それはサプライズニュースであったり、経済指標であったりします。

 

そういう点を逆手にとってトレードするというのも一つの手法となります。

まとめると次のようになります。

①日足レベルで反発ラインを見つける。

②そのラインを数回突破しようとした痕跡がある。
反発されている事を確認。

③そのラインで指値注文、またはそのラインを少し超えたところで逆指値注文を入れておく。当然ストップは浅めにしておく。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で