gbpjpy-m1-trading-point-of

こんばんは、たかはしです。


インジ開発を行っていて、面白いなと思った手法があるので、シェアしておこうかなと思います。


画像はポンド円の1分足となります。


で、画像で引いているのはこんな移動平均線です。

スクリーンショット 2016-08-01 23.20.42


大事なのは移動平均線の角度と位置です。


移動平均線をレートがググッと大きく突き抜くポイントってのが有って、それに伴い移動平均線も追従してくるんですが、レートが移動平均線に戻ってこれない現象が結構あります。


ボリバンで言うところのバンドウォークのような現象っていうんですかね?


レートがLowMAを勢いよく下抜いたらショートエントリー。
レートがHighMAを勢い良く上脱いたらロングエントリー。


ある程度様子を見て、15PIPS程度離れた所で同値ストップだけ入れて利を伸ばすもよし、利食いもよしってな感じです。


とりあえず良い所でエントリーするためのハイレバ向きの手法だと思います。


この方法なら損切りも浅めで行けそうですし、含み損も最小限に抑えれるかもしれません。


一度検証してみていけそうなら試してみてくださいね(´∀`*)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で