おはようございます、たかはしです。

糞ポジチェッカーと向き合った結論



今現在の結論から申し上げると、十分利用価値があり、糞ポジチェッカーだけでトレードも可能です。

やはり、個人トレーダーの利益ゾーン・損失ゾーンがハッキリと目で見てわかります。

そして一、番近くて突出しているポイントで多くの損失者が出るだろう思われるポイントに向かって動いています。

チャート的にはロンガーの損切りがなかなか出なかったのでズルズルと落ちていましたが、ロンガーの損切りが一気に出たタイミングでNY連銀総裁の利上げについて前向き発言でV字回復。

まだまだ見慣れていませんが、自分がヘッジファンドになった気分で眺めていると、コストを掛けずにそのポイントへ誘導させるためにはどうするか、または一気に仕掛けやすいポイントはどのへんなのかを意識して見てみると結構面白いです。

また、その通り価格が動いたあとに、アナリストのこじつけたニュースが発表されると、結構受けますw

糞ポジチェッカーの使い方

変なポイントでエントリーするよりは、糞ポジチェッカーの損切りポイントで指値を指しておくだけで結構有利にトレード出来ると思います。

不安が残るなら、指値より20PIPS程度離して指しておくと良いかなと思います。

こういうトレードを心がけるだけで、高い所で売りやすく安い所で買いやすいトレードができるようになるのでは無いかなと。

また、無駄なトレードも減るのでポジポジ病を直せるかも知れないし、結構いい感じじゃないのかなと本気で思い出しています。

理想的なトレード手法が糞ポジチェッカーにあるのかも知れませんので、本気で覚えてみて損はないと思います!

Twitter

一応思ったことはTwitterへ流しています。

この数日だけで結構思い通りに動いているので今は満足です(´∀`*)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で