既出の情報ですが、メインウィンドウにオシレーターを表示させる方法を紹介しておきます。

CCI、Momentum、RSI、Standard DeviationCCIがメインウィンドウに表示させることが可能なオシレーターなのですが、今回はCCIを例にしてみます。

まず、ナビゲーターの「Commodity Channel Index」をチャートにドラッグ・アンド・ドロップします。


適用価格から「Previous Indicator’s Data」「First Indicator’s Data」のどちらでも良いのでどちらかをセットします。

するとこんな感じで表示されます。



オシレーターを価格上に表示させることが出来るので、自分の中の感覚をより敏感に研ぎ澄ますことさえ可能な気がしてきます(´∀`*)

メインウィンドウに表示させたオシレーターとMAを組み合わすことも可能ですし、ボリバンと合わすことさえ可能です。

これにより、新しい発見があるかもしれませんので、まだご存知でなかった人は一度お試しあれ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で