ZigZagの三角をペイントしたインジケーターで天底を視覚的に分かりやすく把握

このインジケーターはZigZagがベースとなっており、ZigZagが描く3点のラインの最新箇所を起点に三角でペイントしています。

これにより、三角の方向性が見やすくなり、相場の状況を一目で確認出来るかと思います。

ZigZagはご存じの通りリペイントしますので、このインジケーターも同様にリペイントしますので、ご注意ください。

あと、たまに描画がおかしくなる場合がありますので、最新足が確定した際に再描画処理を実装しています。

再描画が待てない場合は、時間足の変更やパラメータ設定画面からOKボタンを押して頂ければ再描画処理がされますので、お手数ですが手動対応でおねがいします (;´∀`)

パラメーターはZigZagと同じにしておりますので、お好きなように変更してご利用ください。

複数ペアの移動平均線をサブチャートに重ねて見ると新しい世界が見えてくる

画像の赤色はポンド円の移動平均線、青色はポンドドルの移動平均線を重ねて表示させています。

円売りやドル買い、ポンド買いなど、変動のトリガーとなるペアを早く発見することや、変動を早くキャッチできる可能性が高くなります。

また、ドルストレートやクロス円では数値(価格)が大きく異なるため、線自体を重ねて見ることが出来ませんが、このインジケーターならサブチャートに重ねれますので、相関関係が分かりやすくなります。

なお、このインジケーターはマルチタイムフレームに対応しておりますので、違う時間軸と組み合わすことも可能で、組み合わせは無限大です(´∀`*)

サブチャートの重ね方は下記動画をご覧ください。

指定した期間で価格の変動率をラインにしたインジケーター

一見すると移動平均線の様に見えますが、実は違います。

これは、1つ前の確定足から指定した期間での価格変動率をラインにしたインジケーターです。

移動平均線を見ていると急変動があったとき、一気に角度が変わりますよね?

その角度を意識したインジケーターになります。

変動率ベースでラインが引かれるため、移動平均線とはひと味違った動きをするので、0ラインを境に順張りも逆張りも使えますが、順張りとして使う方が良いのかな?

相場はラインだけでは無く、角度や面積でアプローチすると見え方が違って見えるかもしれませんよ!

マルチタイムフレームのボリンジャーバンドで逆張りポイントを狙うもよし、バンドウォークに追従するも良し

個人的にこう言うゴチャゴチャしたチャートはあまり好きでは無いのですが、この画像は比較のために1時間足のボリンジャーバンドと4時間足のボリンジャーバンドを重ねています。

タイムフレーム製のインジケーターはギザギザとしたラインが特徴的ですので、見慣れている人も多いかと思います。

マルチタイムフレームのボリンジャーバンドは他のサイトでも公開されていると思いますが、コードを超簡素化していますので、カスタマイズが簡単にできます。

ボリンジャーバンドはよく逆張りに使われていますが、本来は順張り向きのインジケーターという説もありますが、勝てればどっちでも良いですw

確率論から考えて逆張りとして使う方が効率通いのでは無いかな?思いますので、各時間足でのラインタッチ加減を簡単に確認出来るのがマルチタイムフレームの良いところですね!

ただし、複数の時間足を重ねて表示させると非常に見づらいので、スキャルパーなら日足や4時間足レベルでの確認がおすすめです。

マルチタイムフレームのCCI

CCIは唯一張り付かないオシレーターで、好き好みが分かれるインジケーターです。

CCIについては以前記事「張り付かないオシレーター「CCI」が今更ながら凄いと感じる理由」にしたこともあり、個人的に好きなインジケーターの一つです。

※システム化は色々試していますが難航していますw

このインジケーターは単純にCCIのマルチタイムフレームバージョンですね。

これも探せば出てくる種類のインジケーターですが、先ほど同様シンプルに実装しておりますので、カスタマイズが容易です。

インジケーターをあれこれ入れたからと言って勝てるわけでもありませんので、同じインジケーターを違う時間足出見てみると新しい発見に繋がるかもしれません。

相場をシンプルな目線で一度見てみてはいかがでしょう?

ちなみに僕は基本的にインジケーターやテクニカル指標は使いませんが、サポレジや移動平均線、CCIは唯一見る指標です(´∀`)

マルチタイムフレームのi-CAi

これも以前記事「MT4インジケーター紹介「i-CAi」ブレイクアウトが分かりやすいインジケーター」にした事があるインジケーターです。

僕の好きなブレイクアウトが分かりやすい良いインジケーターですね。

それのマルチタイムフレームバージョンです。

マルチタイムにすることでブレイクアウトの信憑性が高くなりますので、だましを軽減出来るかなと思います。

万が一騙されたとしても、浅い損切りで済むはずなので、致命傷にはならないはず。。。。です(;´Д`)

ブレイクアウトは初動に乗れれば大きく稼ぐことができるので、一度味を占めてしまうと止められなくなりますので、ご注意ください。

配布条件

今回はこのリンクか、下記バナーから口座開設してくれた人にだけプレゼントさせて頂こうかなと思います(・´з`・)

既にXM口座をお持ちの方でも、口座を新しく作り直して頂く必要がありますので、結構面倒かもしれませんがご検討ください(´∀`)

口座開設が完了した後に、MT4IDをコチラから送ってください。

問い合わせ文言は下記をコピペで使ってください(´∀`*)

題名:インジケーター希望
メッセージ本文:MT4ID「99999999」で口座開設完了しました。

僕の方で確認出来次第、上記インジケーターをまとめて送らせて頂きます。

メールのやりとりが面倒かと思いますが、インジケーターをご希望の方は登録をお願いします。


スポンサーリンク
海外FX最前線のXMで証拠金を抑えたハイレバレッジなトレードを!