MQL言語の変更

MQL4言語の構造が変わってしまう変更はかなり手痛いアップデートとなりました。
正常に機能しなくなったEAやインジケータが沢山あるようですね。

オーバーロードやらオーバーライドやらなにならオブジェクト指向っぽくなってきましたね(汗

いざ開発作業をしようとした時に結構困る事があるので、メモ書きレベルでとりあえず記事にしておきます。

OnInit

従来のinitと同等

OnDeInit

従来のdeinitと同等

OnCalculate

従来のstartと同等

メインロジックはここ

OnTick

ティック(値動き)毎に実行されるメソッド
//+------------------------------------------------------------------+
//| Expert tick function |
//+------------------------------------------------------------------+
void OnTick()
{
printf(Close[0]);
}

OnTimer

指定タイマー毎に実行されるメソッド
OnInitでEventSetTimer()に呼び出し秒数を設定する。

//+------------------------------------------------------------------+
//| Expert initialization function |
//+------------------------------------------------------------------+
int OnInit()
{
//1秒毎に呼び出しする設定
EventSetTimer(1);
return(INIT_SUCCEEDED);
}

//+------------------------------------------------------------------+
//| Expert tick function |
//+------------------------------------------------------------------+
void OnTick()
{
//ローカル環境の秒を出力
printf( TimeSeconds( TimeLocal()));
}

OnChartEvent

クリックイベントなどで実行されるメソッド

スクリーンショット 2014-03-08 23.20.29

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で