MT4と言うか、MQL4にかなり慣れてしまったので、MT5の開発言語であるMQL5に違和感しか感じません。


でも、せっかくMT5に触れたことだし、しばらくMT5ベースの開発に触れてみることにします。


使える使えないの判断はもう少し触ってみないと分からないので、ひょっとすると凄く良いかもしれませんしね!


とりあえず基本中の基本として移動平均線を描画させるインジケーターを作って見ました。

//+------------------------------------------------------------------+
//|                                                       MALine.mq5 |
//|                        Copyright 2017, MetaQuotes Software Corp. |
//|                                             https://www.mql5.com |
//+------------------------------------------------------------------+
#property copyright "Copyright 2017, Forex related to FX trading."
#property link      "http://fxtrading.greeds.net"
#property version   "1.00"
#property indicator_chart_window
#property indicator_buffers 1
#property indicator_plots 1
#property  indicator_label1 "MALine"
#property  indicator_type1 DRAW_LINE
#property  indicator_color1 Gold
#property  indicator_style1 STYLE_SOLID
#property  indicator_width1 3
input int period=20;
input int shift=0;
double maLine[];
int maLineHandle;
//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator initialization function                         |
//+------------------------------------------------------------------+
int OnInit()
{
SetIndexBuffer(0,maLine,INDICATOR_DATA);
maLineHandle = iMA(NULL,0,period,shift,MODE_EMA,PRICE_CLOSE);
return(INIT_SUCCEEDED);
}
//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator iteration function                              |
//+------------------------------------------------------------------+
int OnCalculate(const int rates_total,
const int prev_calculated,
const datetime &time[],
const double &open[],
const double &high[],
const double &low[],
const double &close[],
const long &tick_volume[],
const long &volume[],
const int &spread[])
{
if(BarsCalculated(maLineHandle)<rates_total) return(0); 
int to_copy; 
if(prev_calculated>rates_total || prev_calculated<=0) to_copy=rates_total; 
else 
{
to_copy=rates_total-prev_calculated; 
to_copy++; 
} 
if(CopyBuffer(maLineHandle,0,0,to_copy,maLine)<=0) return(0); 
return(rates_total); 
}


MQL4での実装とは全然違う感じになってしまいました。


MQL5ではプラットフォーム部分が計算部分を手伝ってくれるらしいので、こう言う記述になるようですが、どうにもスッキリしません。


コード的にはスッキリしているんですが、やっぱり違和感がありますね。


今回は基本中の基本であるインジケーターの作成で練習してみたので、次からは矢印や、複数バッファを試してみたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で