未来の値動きは誰にも分からない

当たり前の話ですが、未来の値動きが分かれば誰でも億万長者になれます。

また、FXの様にレバレッジを活用できる投資商品であれば、数日で億万長者になれてしまいます(´∀`*)

本日、イギリスの政策金利絡みの発表がありました。


結果はいつも通りの据え置きなのですが、今まで下げまくっていたポンドがいきなり吹き上がりました。

これ、どれだけの人が予測できていたのでしょう?

普通の人は、こう言うどっちかにぶっ飛ぶ可能性がある指標時はトレードしませんが、トレードをせざる状況に置かれてた人はこのような相場に巻き込まれてしまいます。

完全にギャンブルです(´・ω・`)

予測なんて出来ないし、するだけ無駄なんです。

利上げで上がる時もあれば下がるときもあるし、据え置きで下がるときもあれば今回みたいに上がる時もある。

こっち系統の指標は毎回ランダムな値動きになることが非常に多いです。

もし、予測していて全力ロングしていれば億万長者へ近づけますが、予測を外せばゼロカットです。

ある程度値動きに対する予測は可能

トレンドラインや移動平均、その他各分析ツールである程度、値動きに対する予測は可能と言えば可能です。

確率的に50%以上規則的な動きをする場合、次もこうなる、ここで反発、と言った具合に予測は可能です。

画像はポンド円の1分足チャートです。

146.0円を割れば反発して吹き上がり、146.1円を上回れば叩かれるというレンジ相場であることが分かります。

コレが一生続けば、これまた億万長者になれる訳なのですが、そういう訳にも行かず、一時的なボックス相場となっています。

いつ崩れるか、いつまで続くかは分かりませんが、今はこの狭いボックスで推移している状態です。

このような状態にいち早く気付いた人は高値で売り安値で買い戻すという単純作業を繰り返して資金をしっかり増やしていることでしょう。

実践するにはドキドキする相場ですがねw

このほかにもチャネルやトレンドラインタッチなど、規則性のあるパターンを形成して推移しているときは予測が立てやすいのです。

規則性が破れたときにブレイクする

画像はポンド円の日足チャートです。

画像左のサポートラインタッチで上昇する規則性を確認することができますね。

画像で見る限り、4回繰り返されています。

何度も言いますが、この規則性が一生続けば億万長者ですw

一生右肩上がりで上がり続ければいずれ1000円とかになってしまい、経済が破綻します。

また逆に下がり続ければ0円になってしまい、これまた経済破綻です。

画像に「ブレイク」と書いている箇所でブレイクしていますので、規則正しく押し目買いをしていた人が損切りをするポイントとなります。

振り返ってチャートを見てみると、あからさまにブレイクと分かるのですが、これがリアルタイムで見ているとなかなか分かりにくい。

髭なのか、それとも騙しなのかと疑心暗鬼になってしまい、損切りが遅れてしまう例のパターンです。

ズルズルと損切りが遅れて、塩漬けにしてしまうと画像のレートを見て分かるようにどえらい損失になってしまいます。

最大最小で見るとで約10円落ちてますので、致命傷レベルです・・・

よって、長期足、少なくとも4時間足レベル以上の足で規則性が崩れたときは素直に損切りが必要となるわけです。

最良でもシストレでも同じく損切りが必要です。

シストレと言えばEAになりますが、このような損切りロジックを実装しなくてはいけません。

規則性を活用した無難なトレード

上記の事から、ある程度規則性がある相場の場合、規則正しく予測を立ててトレードをする事が可能です。

同じパターンで推移している状態であれば、同じパターンでトレードを続けることが可能です。

ただし、ブレイクなどの反転で損切りは必要になってきます。

先ほどの画像で見れば4回は規則正しい動きをしているので、そのうち2回くらいは勇気を出せば再現出来る可能性があります。

押し目買いや戻り売りでのエントリーなので、損切り設定も浅く設定できますし、ローリスクハイリターンが見込めます。

何度も言いますが、いずれ損切りする場面に必ず逢いますので、その時は必要経費と思って素直に損切りし、つぎのパターンを見つける旅に出かけてください。

この方法が、一番無難であり、少しずつではありますが、資金を増やしていける方法だと僕は思っています。

無難ですが、はらはらするトレードよりも余裕のあるトレードの方が精神的に楽です。

カリカリするトレードは疲れました(´Д`)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で