トレードをしていると、いつも思うんですが、FXってリスクの方が大きいと思うんです。


入金したときは、そのお金が無くなる事も想定していて、無くなる覚悟の上でトレードを始めます。


しかし、1回でも利益ゾーンに突入してしまうと、急に怖くなり利益を確保したくなります。


逆に、エントリーから一度も利益ゾーンに突入しない時なんて、チャートすら見る気もしないくらい諦めモードでドーンと構えられるのですが(;´∀`)


一度は覚悟したリスク、急に怖くなる現実、これ以上上がらない/下がらないと思う恐怖に気づかないふりをして、僕はトレードをしています。


さらに、僕は40万円程度のお金でも100万通貨のエントリーをしたりしますので、40PIPS弱の逆行で40万円が消えてしまうんです。


1秒でも早く含み損を無くしたいと思い、そういうときはチャートを凝視していますw


これはいける!と思ったときには鬼ホールドしますが、やっぱり失うときの早さを知っているだけに、微益撤退でも良いと思っています。


投入している金額が多ければ多いほどチキン離隔になりがちです。


結果的に良いときもあれば悪いときもあるので、どちらが正解かは分かりませんが、欲張った結果悪い方向に転がっていることの方が多い気がしますw


そして、今日は典型的なチキン離隔の日でした。



100万通貨でトレードしている部分は微益撤退です。


早くて数分の決済なんてのもあります。


夕方のドラギに助けられたポジションも含んでいるので、結果的に損をすること無く追われているので内心ホットしています(´・ω・`)


そして、今は一度出金してXMロイヤリティのポイントでトレードしていてこんな感じになっています。




ドラギ後にエントリーしたポジションです。


カーニーも控えていたので、どうなるかと思いましたが、なんとか今ここまで育ってきました。


数十万まで育たないかな?wと思ってピラミッティングしている次第であります(`・ω・´)


ポイントでトレードしているので、ドラギ後の相場でも難なくエントリー出来てホールド出来てしまう人間心理。


これが自腹の100万通貨ならきっと同じ事は出来ていないと思うんです。


だって、乱高下のリスクが高いドラギ→カーニー相場なんですから・・・


こういうとき、僕って運が無いというか、根性が無いというか、チキン野郎だなと思ってしまいますが、損していないだけマシかなと思うようにしてチャートを眺めています。


一応ポンド円は直近高値を軽くブレイクしたような形ですし、トレンドラインも上抜けしたのかな?と思っています。




このまま上昇を続ければとても嬉しいのですが・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で