ポジション状況

139.8円で指値買いしていたポンド円がロスカットされました(´Д⊂ヽ

ストップロスを139.5円に設定していたんですが、昨日の安値が139.493円。

なんとその差は0.007円・・・

まぁ、惜しいよねw

切られる直前にチャートを見ていたので、ストップを変更しようか悩んだんですが、変更しなかった結果がロスカットとなりました。

エントリーポイント的には正解っぽいポイントだったので、今回の一件はイイイ勉強になりました。

他のポジションの予約状況はと言うと、こうなっています。

どれも1円以上離れた予約ポジションになっているので、年内は刺さらないと思いますので、ほぼほぼ今年の練習トレードは終了かなと。

シナリオ(総合)

日足で見ても週足で見ても、下落トレンド真っ最中です。

ポンド円は、139.5円で反発した形になっているので、直近で意識されるポイントは139.5円になる可能性が高いです。

2018年の営業日は大晦日の1日だけです。

金曜日の夕方以降は小幅な値動きが継続されていましたし、今年の株も終わっているので、投機だけ動く感じです。

日経平均も20,000円を割り込んでいますし、来年からの値動きが楽しみです。

懸念事項

韓国のレーザー事件、メイ首相の爆弾発言、北朝鮮の不穏な動き、アメリカの様々な問題を抱えた状態で年末年始を迎えます。

問題山盛りの年末年始です。

場合によってはテロの可能性もあります。
韓国のレーザーがこじれた場合、戦争に発展する可能性もあります。

少しでもポジションメイキングに不安が残る人はポジションを解消して気楽な年末を過ごした方が良いでしょう。

反省点

今回の反省点はなんといってもロスカットですよね。

最大の含み益的には80PIPS程度発生していただけに、少々残念な気持ちになっています。

僕が目指しているトレードは「損をする可能性が少なく、損切りより利確の幅が大きいトレード」です。

設定した損切り幅は、覚悟した損失になるので、発生する可能性以上のリターンを求めなくては、この先利益を伸ばしていくことは難しい考えています。

勝率50%でも勝てるトレード、利益を伸ばすのであれば、勝率30%でも利益が残るトレードをしたいと思っています。

そのために「利確幅>損切り幅」となる式は絶対条件であると考えています。

この辺を臨機応変に考えられれば良いのでしょうが、損切り幅に対しての利確幅を模索している段階なので、簡単には決められなくて、いろいろと考えている段階です。

今回デモトレードで試していることは、最終的にシステムトレードに落とし込むためやっていることなので、プログラム的観点からも基準とかルールは必要になってくるのです。

良い検証結果が出るまで続けます。

それが相場で勝ち続けるための早道だと思っていますので!