ポジション状況

週足日足の長期足レベルの分析で、基本的に下げ目線で捉えています。

今のレートより上がった場合に備えて141.3円での指値売り、下がった場合に備えて139円で指値買いと138.4円で逆指値売りを設定しています。

まぁ、今日が2018年最後の日となりますので、大した動きもほとんどなく、超小動き状態で終わるだろうと思うので、おそらくどの指値にも刺さらず終えることになるでしょう。

検証作業は来年からですね!

年末年始のスケジュールと戦略

XMは日本時間で1/1 02:00にクローズし、年始は1/2 16:00にオープンです 。

今年は年末年始にもかかわらず比較的市場がオープンしている状態なので、取引チャンスは増えるかもしれませんが、閑散相場になることが予想できますので、レンジ間でのスキャルピング作戦が有効ではないかと考えています。

まぁ、この状態で無理な取引はしない方が無難ではあります(`・ω・´)

来年以降のトレードについて

とりあえず、日経は20,000円を回復した状態でモジモジしています。

年末の終値の状況により変わってくるのでしょうが、年始は20,000円での攻防戦が予想されますので、日経平均の推移は個人的に注目しております。

以下の問題を抱えたまま年末年始を迎えてしまいます。

  • 米中貿易戦争
  • ファーウェイ人質事件
  • 韓国レーザー問題
  • メイ首相の発言
  • アメリカ議会閉鎖

ファーウェイ人質問題に関しては死刑にするとか、何なら物騒な展開にまで発展する可能性が出てきました。

人質として拘束されているのはカナダ人とのことらしいですが、麻薬密売の容疑がかけられているらしいですね・・・
※真偽は分かりませんが。

中国、韓国、日本、アメリカ、イギリスでそれぞれ爆弾を抱えた状態です。

それも近々爆発する可能性が高い爆弾です。

イギリスに関しては2019年3月末日という期日がある時限式爆弾です(´・ω・`)

2018年11~12月のポンド円に関しては、ほぼほぼ2ヶ月売られまくった感じなので、そろそろ反発があると考えるのが妥当なのでしょうが、ポンドは順張りが向いている通貨です。

少し離したサポレジで指値を指すトレードが大きな利益を生んでくれるポジションになると思っています。

売りも買いも上下に10円推移してもおかしくないチャートに見えます。

早く閑散相場が終わって欲しいものですね(´・ω・`)