現在のポジション状況

さて、ポジション的には昨日と余り変わらず、138円の売りポジションが微損状態となっています。

昨日は137.5円を少し割り込んだところが安値となり、ピークで50PIP程度の含み益が出たものの、現在は戻されてしまいました。

ポジションは今のままホールド、予約ポジションも変更なしで行こうと思います。

シナリオ

今現在重要だと思うラインは、下落トレンドを示す右肩下がりのトレンドラインです。

このラインを髭で超えることも考えられますが、このラインを明確に超えてこない限りは下落トレンド続行かなと思っています。

今日は夕方にイギリスの指標が予定されています。

対して動く指標ではありませんが、小動きが続く中で爆発の材料にされる可能性もありますので、指標発表前後の時間は要注意です。

来週1/15(火)にはEU離脱の議会が予定されています。

離脱案が承認されるか否決されるかで、ポンドはかなり大きく動く可能性がありますが、ニュース内容的に「否決濃厚」という印象を受けます。

しかし、今までの経験上こういうビッグイベントの時は、ニュースを鵜呑みにしてしまうと先入観を植え付けられてしまうので、偏った見方をしてしまい、痛い目に遭うことが多いです(;´∀`)

アメリカ大統領選の時を思い返してみると、選挙前はヒラリー優勢だったにも関わらず、トランプの勝利となりました。
また、トランプになると円高になると言われておりましたが、結果は円安に進みました。

このようにニュースを鵜呑みにしていると、ニュートラルな気持ちでチャートを見られなくなるので、大幅にエントリーが遅れてしまう可能性があります。

EU離脱に関する議会はアメリカの大統領選とい同等、もしくはそれ以上のパワーを持っていると思いますので、冷静に判断したいと思います。

ビッグイベントを火曜日に控えていますので、それまでは小幅な値動きでレンジ相場になるのかな?と見ています。

議会開催の時間が分かれば、またお伝えします。