新年明けましておめでとうございます。

長い正月休みのせいで生活が昼夜逆転しているたかはしです。

キャッシュバックトレードの試作品が完成

昨年からお知らせしているキャッシュバックトレードのEAが概ね出来た様な感じです。

ちなみに前回お知らせした内容から大幅にロジックを変更していますが、おかげ様でいい成績を出す事ができたので報告します。

とりあえずバックテスト結果を御覧ください。

ちなみにバックテストは直近3ヶ月(2015/10/01〜2015/12/30)で流しました。

成績と内容と説明

スクリーンショット 2016-01-05 1.40.12

勝率69%で右肩上がりのEAとなり大満足な結果に仕上がりました(`・ω・´)。

多少軍資金が減ってもキャッシュバックでカバーできる様なイメージで考えていたんですが、ここまで利益が残せるEAになるとは、新年早々良い事がありそうな予感です。

トレード回数は4931回となっているので、1万通貨で運用した場合は、この一覧表からザックリ計算すると3ヶ月で約45万円のキャッシュバックが見込めます。

1000通貨でも4.5万円ですね。

10万通貨で取引すると、凄いことになりますw
※初めは1000通貨程度で運用して頂いて半年後くらいに1万通貨で運用して頂けると良い感じかと思っています。

もちろん取引業者のキャッシュバック発生条件に該当しないトレード(XMだと5分以内の短期トレード)もあるでしょうから、1割位減るかも知れませんが、十分成功と言える成績だと思います。

細かい実装ロジックはややこしいので割愛しますが、どんな動きをするのかを簡単に言うとこんな感じです。

売買の元となるロジックから売買シグナルを出します。

キャッシュバックを目的としたEAなのでエントリー数を稼ぐため、連続したシグナルが出る様になっています。

そのシグナルに基づきチョットずつエントリーしていき、全ポジションの損益合計が設定したPIPSをクリアーすると全部決済します。

全体的にチョットずつ利益を積み重ねていくイメージです。

まずはフォワードテストで次のフェーズへ

現段階では試作品なので、不完全な状態です。

なので、実行環境でフォワードテストを始めていきます。
※フォワードテストと言うのはリアルで動く環境でリアルタイムに売買して動作や成績を確認するテストです。

フォワードテストでバグやら課題を浮き彫りにする事が目的なので、この作業を終えてから問題なければ配布していこうと思います。

テスト期間は1週間程度で考えているので、上手く行けば今月中には渡せるはずです。

今まで散々期待させて配布を延期させて頂きましたが、ひとまず納得の成績がでたので、結果オーライとして考えています。

長い人生ですので、これからキャッシュバックを積み重ねて神経をすり減らすトレードとはお別れしましょう!

今週中に環境を整えてテスト開始しますので、また報告させて頂きます。