ご無沙汰しております、たかはしです。

えー、色々ありましてブログ更新が出来ておりませんでした(´・ω・`)

結構重要な通貨ペア選び

さて、本日はトレンドが発生している時に選ぶべき通貨ペアについて書きました。

個人的にポンドが大好きなので、今回はドルとポンドで書いておりますが、もちろんユーロなどの他通貨でも同じ考え方です。

選ぶべきペアを間違えてしまえば方向性はあっていても、大きく利益を得られなかったりと、悔しい思いをした人も多いかと思いますので、トレンドが出ている通貨でクロスにするかストレートにするかを選ぶ参考になれば幸いです。

例えば、ユーロドルが下がってきたらドル円を買いでエントリーしている人って結構多いと思います。

ですが、そうならないパターンもありますので、実はもう一歩踏み込んだ注意が必要なんですね。

では、まず下記の表をご覧ください。

ドル円ポンド円ポンドドル状況有利なエントリー
1上昇トレンド
ポンド強
ポンド円買
2上昇トレンド
ドル強
ドル円買
3ありえない
4ドル買ポンド売ポンドドル売
5ドル売ポンド買ポンドドル買
6ありえない
7下降トレンド
ドル弱
ドル円売
8下降トレンド
ポンド弱
ポンド円売

番号順に説明していきます。

#1

ドル円:上昇 ポンド円:上昇 ポンドドル:上昇

いわゆる上昇トレンドで、強烈な円売りが起きています。

この場合、どの通貨も上昇しているのですが、ポンドドルも上昇しているということは、ドル円よりもポンド円の方が強いと言うことになりますので、ポンド円を選ぶことでより大きい利益を狙うことが出来ます。

安心してエントリーできる一番いい状態だと個人的には思っています。

#2

ドル円:上昇 ポンド円:上昇 ポンドドル:下降

いわゆる上昇トレンドで、強烈な円売りが起きています。

この場合は、ポンドドルだけ下がったパターンです。

ポンドドルが下がっているけどポンド円は上昇している状態で、ポンド円よりもドル円の方が強い状態を表していますので、ポンド円の買いエントリーを躊躇してしまうポイントだと思いますが、ポンド売りが起きている訳ではなくて、単純にポンド買いよりもドル買の方が強いというだけなのです。

しかし、ポンドドルが下がっているので、反発が起きた時のポンド売りに影響しやすく、ポンド円が釣られてズルっと落ちてしまう可能性が高いです。

結果的に上昇を続けてくれるのですが、反発が大きいので含み損が出やすかったり利益を減らしやすかったりするリスクがあるので、ドル円が安心エントリーとなるのではないでしょうか。

#3

ドル円:上昇 ポンド円:上昇 ポンドドル:下降

クロス円の計算式から考えるとありえないパターンです。

パターンを洗い出しただけなので、気にしないでくださいw

#4

ドル円:上昇 ポンド円:下降 ポンドドル:下降

強烈なドル買いポンド売りが発生している状態です。

安心してポンドドル売りが出来るパターンですが、レアケースに分類されると思います。

#5

ドル円:下降 ポンド円:上昇 ポンドドル:上昇

強烈なドル売ポンド買いが発生している状態です。

安心してポンドドル買いが出来るパターンですが、レアケースに分類されると思います。

#6

ドル円:上昇 ポンド円:下降 ポンドドル:下降

#3と一緒で発生しないパターンです。

#7

ドル円:下降 ポンド円:下降 ポンドドル:上昇

#2の売りバージョンですので、理屈を逆に考えて#2を参照下さい。

#8

ドル円:下降 ポンド円:下降 ポンドドル:下降

#1の売りバージョンですので、理屈を逆に考えて#1を参照下さい。