分析して予測する

ポンド円が下降チャネルを形成して、今現在上方ブレイクしたような形になっています。

以前の記事でポンド円の予測ポイントを示しました。

予想より大きく下回りましたが、チャネルの移動幅と角度から到達レートを僕なりに予測していました。

下がった後は上昇のターンとなるわけですが、今回のターンでチャネルを上にブレイクしたように見えます。

では、次のトレンドは上なのか?という点が課題になってきます。

僕の経験上、FXの世界はそれほど簡単ではありません。

どこまで上がるのかが誰にも読めないだけで、上がれば下がるのがこの世界では約束されています。

直近での高値が迫ってきていたので、恐らく反発するだろうという予測を今日は立てて呟いていましたw

そして、約50PIPS程度落としてレンジに突入しかけています。

このレジスタンスラインを突破すると次のレジスタンスはもうちょっと先なので、完全に上方ブレイクとして見て良いでしょう。

しかし、そんなに簡単には突破しないだろうし、恐らくもう一回下落チャネルを作るのでは無いかと睨んでいます。

今、高値圏で推移しているので、普通の人は様子見が正解でしょうけど、下落チャンスを伺うのがハイレバトレーダーの腕の見せ所です。

ちなみに、下落チャンスというのは、あと何度か高値アタックが仕掛けたにも関わらず、反発を繰り返し、ちょっと突破しては戻されてという状態を確認出来るかという所です。

上手く掴めれば天井でショート成功となる可能性があります。

関連通貨であるポンドドル、ユーロポンドも要チェックすることで、より効果的なエントリーが行えます。

まとめ

チャネルやサポートレジスタンスで相場を見つめるとエントリーポイントが見えてきます。

少なくとも短期的なトレードで稼げるには十分な材料として使えます。

そのままホールド出来るかどうかは時の運という所でしょうが、こまめに利益確定して追撃エントリーがハイレバトレーダーとしては勝負しやすいと思います。

分析が正しく出来ていると、今回の上昇に関してもほぼ底で捉えることが出来る様になりますし、今日の反発ポイントも予測が出来る様になります。

これにより、天井ロングなど初歩的なミスをする回数は減るでしょう。

こんな時に限ってエントリーしていないのが悔しいです(´Д⊂ヽ

次の記事はこちら→ハイレバをフル活用したエントリー例