eurusd-m5-trading-point-of-2

ずっと前から、なんとかしてボラティリティを数値化出来ないかなと思って色々考えていたのですが、アイデアがまとまりましたのでインジケーターにしてみました。

内容は非常にシンプルで、値動きからボラティリティを図ります。

期間を指定することが出来るので、柔軟に対応させることが可能です。
同時に、陰線と陽線の個数をカウントします。

陰線と陽線のそれぞれで高値と安値間の値幅を計算した数値。
陰線と陽線のそれぞれで始値と終値間の値幅を計算した数値。

これらを数値化する事で、買い圧力と売り圧力を数字として見ることが出来るようになります。

陰線と陽線の個数のバランスや、値幅の大小でボックス相場かトレンド相場かを推測することも出来ますし、相場の強弱も見ることが出来ます。
純粋な値動きだけで計算される数字なので、これ以上でも以下でもありません。

レートに投資家の心理が全て詰め込まれている物を数字化したインジケーターです。

エントリーのタイミングや決済のタイミングでお使い頂ければ幸いですね。

とはいってもそんな大げさなインジケーターではありませんが、結構自信作ですので、フリーで配布も考えましたが、DLマーケットにて販売させて頂く事にしました。
良かったらDLしてくださいね!

DLmarketで購入