Twitterなどでレバレッジ規制の話題が多くなってきました。

国内FX業者の個人レバレッジは最大で25倍ですが、最大10倍に規制されてしまいます。

で、いつ頃の施策なのかは現段階ではハッキリとした情報がありませんが、この規制により国内でFXをする人は激減すると思います。

コレを機にFX自体を辞めるか、海外FX業者に乗り換えるかとなることが予測できます。

金融庁が言うには「投資家の資金を守るため」という建前なのですが、ご存じの通り、国内業者は急変動により残高不足となった場合は、追証が発生し業者に不足金を支払う必要があります。

海外FX業者を利用している人にとってはおなじみのゼロカット制度が国内においては普及しておりません。

でですね、僕が思うに投資家の資金を守るならレバレッジ規制など本質を改善しないような対策なんて無意味であると思っています。

本気で投資家の資金を守るためなら国内業者でもゼロカット制度を採用することで多くの投資家の資金を守れる結果となる訳なのです。

つまり、日本経済においてレバレッジ規制はFX利用者の減少を促し、FX業者の利益を減らす結果となり、経済施策としてはデメリットしか無いのです。

でも、実施されてしまう可能性が高い。

あ、ちなにくりっく365だけは規制対象外らしいです(゚д゚)!

何か深い闇を感じざるを得ないですね・・・

海外FX業者はXMがお勧めです。

お勧めの理由はこちらの過去記事から読んで判断して下さい。