思い込みは危険

2017年2週目は激動の週になりました。

以前の記事に書きましたとおり、僕はショートで利益を得ました。

ショートで利益を得たため、完全に下がると思い込んでしまったことが失敗の原因となりました。

この失敗のせいで、エントリー出来たであろうポイントでエントリー出来ずに上昇トレンドの最中に全力売りを何度もしてしまい、資金面でヒヤヒヤどきどきしてしまい、おかげで睡眠不足になりました。

直近底値から、狂ったようにポンド円は一気に153円を突破したのが、12月7〜8日の出来事です。

そもそも、上昇した原因はイギリスのEU離脱の合意内容に関する発表が本日15:50に予定されていたからなんです

内容についてはこのニュースをご覧下さい。

いつもの事ながら期待上げで149.8〜153.4まで一気に上げました。

上げたというか、上がったというか、上げられたというか、なんと表現して良いのか分かりませんが、完全にHFがコントロールしている感じです。

ずっとチャートを見ていると、一定のルールというか法則性が見えてきます。

もちろんずっと同じ方法では無く、時間帯によってやり方を変えながらジリアゲする方法でした。

揉んで少し落としてから一気に数10PIPSぶち上げたり、30PIPS程度の押し目を作ってはV字回復させる方法で一気にレジスタンスを突破させました。

凄い資金力ですw

今回は失敗を繰り返した後に、やけくそ気味でエントリーしたポジションがたまたま上手くいっただけです。

今回の一件は大きく反省すべきポイントが多いです。

一歩引いて気持ちをニュートラルに見れる精神状態でチャートを見ないと、先入観から都合の良いように見えてしまうからなんです。

これほどの上昇トレンドの中、何度も戻り売りをする人は後になって見ればショートなんて出来るわけ無いと思うんですが、直近高値などを意識して見ている人は、逆張りでショートを入れてしまいがちです。

しかも何度もw

トレンド中の逆張りは致命傷を負いかねませんので、ロスカットされたらドテンするとか対策が必要になってくるかと思います。

レジスタンス突破による加速

どこまで上がるねん!と思いながら、僕がロングエントリーしてからもジリジリ10PIPSずつゆっくりと確実に押し目を作り上昇し続けました。

152.8という今年の高値のレジスタンスが迫ると少しずつ空気が変わり、ジリジリ上げていくモードに切り替わりました。

まさか、152.8を楽に突破するとは思いませんでしたが、レジスタンスを破るときの勢いはやっぱり見ていて気持ちが良いです。

いつもサポレジラインを突破するとき一気に加速するのは、既存ポジションのロスカットによる価格変動をを利用してストップを巻き込んで大きく動くためです。

毎日ずっと真剣にチャートを見ていると、突破するかしないかの空気を感じられるようになりますので、キャリアを積んでパターン予測出来る様にしておきましょう。

教科書通りのテクニカル

152.8を大きく上回り、新高値ゾーンに居座るのはそんなに簡単な話ではありません。

FXは安く買って高く売るのが基本です。

そして、レジスタンスやサポートラインに触れると反発する傾向が高いです。

今回の高値が当面のレジスタンスになりましたし、152.8を楽に超えていき、さらに高値できっちり下落を始めています。

155円くらい迄上がる勢いがありましたが、ブレグジットの一件や米雇用統計を迎えていたので、乱高下が常に予測できていました。

152.8のレジスタンスを突破させておきながらきっちり全戻し以上の戻りを今見せており、日足も陰線になってしまいました。

普通の相場ですと、時間の節目やレートの節目による反発、レンジ形成などがありますが、今日はそれっぽい動きを見れなかったので、無理上げしたのはHFだと睨んでいます。

そして、本日高値からの安値更新の済ませたところを見ると、HFが無理上げしてロング目線になるように仕掛けて、裏切るのがHFの常套手段です。

今回も152.8の高値を超えてからの値動きはいつ急落してもおかしくないと思っていたので、ブレグジット会見までには撤収しようと思ってました。

そして、会見会誌と同時に乱高下が始まり、今は下落しまくっています。

雇用統計の結果迄は見ておりませんが、高値からの安値更新はHFの書いたシナリオだったのでしょう。

雇用統計の結果も、ブレグジットの結果も全て綺麗なチャートとして現れています。

結局テクニカルって様々な出来事を折り込んだ内容で構成される物なので、レジスタンスを超えてからは綺麗に下落しています。

凄く美しい放物線を描くチャートとなっており(雇用統計前の状態)、ブレイクしたと見せかけておいてレジスタンスタッチできっちりテクニカル通りの動きになっているのがいつも不思議でなりませんが、チャートが最強であり全てを折り込むのだと僕は思っています。

失敗後のトレード

運が良かったのか、おかげさまで損失はきっちり回収出来ています。

損失があったので、100PIPS取っても、結局微益で撤退する形となりました。

欲張らず、損失を回収出来たことが今回は大きいので、疲れましたがよしとします。