こんばんは、たかはしです。

色々とインジケーターやら罫線分析ツールを使って相場を見つめてきましたが、最近僕の中で「ギャンファン」のランキングが上がってきています。

※画像クリックで拡大

使い方は色々あるようですが、単純に高値と安値で引くだけでも十分実用レベルだと思います。

高値安値は自作のマルチタイムフレームのフラクタルを使い、1時間足チャートに4時間のフラクタルを表示させています。
画像の×印がMTFフラクタルです。

使いたい人は MtfFractals からダウンロードして下さい。

画像の青いラインはギャンファンで、直近の安値と高値を結んだだけのラインで、画像の赤いラインは高値と安値を結んだものです。

全てのラインに対して反発はしませんが、確実に反発しているラインはあります。

少なくとも、ある程度の目安にはなると思いますので、ご活用下さい。
闇雲にエントリーしなくなると思います。

最近、このギャンファンの可能性について調べているところです。

スケール値は時間と価格に対して45度が正解など色々な意見がありますが、どうもすんなり理解できないので、詳しい使い方や考え方を追及していきます。

ギャンファンはMT4のメニューバー「挿入」→「ギャン」で表示できます。
デフォルト状態で設置してもちゃんとしたラインになりませんので、終点を手動で修正するか、スケール値をセットして表示させて下さい。