11/6にアメリカの中間選挙が行われます。
日本時間で何時頃になるのかははっきりと分かっていませんが、日本時間では11/6の21時以降の深夜でしょうね。

今回の中間選挙でトランプが不利になったとしても、残りの2年は大統領を続けられますが、2年後の選挙で不利になってしまいますので、あの手この手で今回の選挙で良い結果を得ようとするはずです。

アメリカは関税の問題で貿易戦争をしている真っ最中で、各国と喧嘩しています。
関税をかかると言うことは、アメリカへの輸入品に税金が上乗せされているので、アメリカ人は輸入品を手にしにくくなっているはずです。

そもそもアメリカは製造業が多く、材料を輸入に頼っていますので、関税がかかってくると製造業にも悪影響が出る訳です。

シンプルに考えて、関税の軽減策でトランプ人気を集めるのが簡単なのかな?って素人考えで思ってしまいます(;^ω^)

もし軽減があるとすると、中間選挙前に発表があるでしょうから、これにより株や通貨が乱高下することが予測できます。

最近株が暴落気味で世界同時株安なんて言われていたりしますが、ひょっとすると前戻しする可能性だってありますよね。

あくまでも憶測ですので、まったく分からないのですが、可能性としてトランプの誘導があるというシナリオを用意していても損はしないでしょう。

下手するとトランプのお友達の「シンゾー」も噛んでくるかもしれません(;´Д`)

今までの経験上、トランプは結構むちゃくちゃな発言をして相場をかき乱してくれることが多かったので、今回もそういう事が起こると思っていた方が無難なのではないかと思うのです。

少なくともトランプは就任当時からドル安を望んでいるので、輸出に力を入れたいのは明らかだろう思っていたのですが、一向にドルが落ちる気配がありません・・・
まさか、トランプの策略に嵌められているのかな((´д`)) 

まぁ、なんというかトランプの思惑以上に、世界がドルを買っているから落ちないのでしょうが、何年この辺ウロウロしてんねん!って感じです。

そろそろトランプさんの本気を見せて欲しいな!