日足レベルのトレンドライン

画像はポンドドルの4時間チャートで、4時間のZIGZAGと、日足レベルのフラクタルにサポートラインを引いたものです。

本日のポンドドルは大きく下窓でオープンし、 フラクタルで引いたサポートラインを一度も超えることなく、午後から下落を始めました。

チャート的には綺麗な上昇トレンドからのトレンドラインブレイクの形になっていおり、この前の一本上げを割り込むかが次の焦点となっています。

チャートの形状を把握することで十分対応可能な形

このトレンドラインは先週からきっちり引けるラインでありますので、ライントレードをしている人なら、このブレイクは狙えていたのではないでしょうか?

今回は下落という形になりましたが、サポートラインをタッチしてからの反発も十分あり得ましたが、本日の高値圏での持ち合いを見る限り上昇する力はそれほど感じられなく、下げやすい形であった事が、チャートから伺えます。

今回は非常にきれいな形になっていますが、最近僕が拘っているチャートの形状や法則が崩れたらの法則に当てはまっています。

やっぱりこの考え方が正しいんだなと改めて実感しましたので、この考え方をどうにかしてEAに落とし込みたいのですが・・・

ダウ理論的には、まだ完全に崩れていないので安心はできませんが、この前の上昇を最後の買い注文(売りの損切りも)として考えると、今回結構行くのではないかと思っています。

ちなみに、この価格帯域は反発が予想されるラインですので、もみ合いになる可能性が高いと思います。

今回も同様に今の形が崩れたら即座に撤収して再検討していきましょう。

一回で大きく取ろうと欲張らず、細かく取れるところで何度も取ってるほうが精神的に楽だと思いますので!