ハイレバレッジの魅力と可能性

僕も含めて、一般の人は自由に使えるお金が多くありませんし、家庭を持っている人なら、もっと余裕資金が少ないと思います。

さらに収入格差が広がるこのご時世、お金を持っている人の所にお金が流れる仕組みになっており、低収入の人はずっと低収入のままである可能性が非常に高いです。

社会で成功するのも人生の醍醐味の一つなんでしょうが、まぁ難しいですよね(;´∀`)

でもね、生きていくためにどうしてもお金が必要なのです。

将来的な不安もありますし、収入をどうにかして増やしたいと思うのが当たり前だと思います。

そこで思いつくのが株やFXのような投資商品です。

株は日中仕事をしている人にとっては扱いづらいと思いますし、ある程度まとまったお金が必要なイメージが強いとおもいます。

僕はお金もありませんでしたし、仕事の関係上リアルタイムに株価を見る時間もなかったので、株に触れたことがありません。

FXは日中よりも夕方以降のほうが値動きもありますし、お金も株ほど必要ないイメージでしたので、FXを始めた次第であります(`・ω・´)

僕がFXをやり出した頃は、レバレッジ規制と言う概念がなく、 国内業者でも 400倍のレバレッジを効かせたトレードが可能でしたので、なおさら始めやすかったのです。

レバレッジを効かせたトレードというのは、まさに諸刃の剣なんですが、お金が少ない人でもある程度まとまった数量のトレードが可能になります。

僕のように自由に使えるお金が少なくてもFXで大きな利益を狙える可能性を十分に感じた僕はハイレバの魅力に取り憑かれてしまいました。

もうね、取り憑かれているので呪われているんですよ(;・∀・)

ハイレバレッジについて

この記事を書いている2018年9月の時点で、国内のFX業者は個人口座で一律25倍が上限となっています。

一時期レバレッジ10倍規制の話もありましたが、取りあえず見送られたようですね。

レバレッジの計算は、どのくらいのお金でどれだけのトレードが出来るのかが分かりにくいです。

毎回計算なんてしてられませんので、僕は自分が自分が使うためにハイレバレッジの計算が可能で、リスク度合いも計算できる証拠金計算ツールを作りました。

FX必要証拠金ロスカット計算ツール(ハイレバ対応)

このツールで国内標準のレバレッジ25倍とXMの最大レバレッジ888倍で、どれだけ差が出るかを比較してみます。

左がレバレッジ25倍で、右がレバレッジ888倍の計算結果となります。

初期資金は両方とも50万円、取引数量は1ロット(10万通貨)にしています。

25倍の方は0.1ロットのポジションに 44,432円必要であり、888倍の方は 1,251円だけなんです。

このツールでは最大購入枚数を計算で出していますが、レバレッジを効かせた状態で最大枚数まで買ってしまうと、リスクが高すぎますので、証拠金維持率、実効レバレッジの数字でリスク具合を計算してリスクを可能な限り低くして下さい。

あくまでも最大購入枚数は、いくら入金したら何ロットまで持てるのかを把握するためだけに計算した項目なので、全力で思いっきりいけるよ!と言う意味ではないので、本当に注意して下さい。

レバレッジを上げると必要な証拠金が少なくなりますので、少ない資金でもある程度のロットでトレード出来る事がわかります。

少なくとも、国内でトレードするよりも資金効率は良いです。

※トレードで負けてしまうのは業者のせいではなく、自分の実力なので素直に認めましょう(´Д⊂ヽ

ハイレバレッジフル活用する理想的な手法

諸刃の剣

理想はあくまでも理想なので、現実は思っている通りにいきません事を最初にお伝えしておきます。

レバレッジを効かせたトレードは、ハイリスクハイリターンとなります。

レバレッジの度合いを高めれば高めるほど、より切れ味の良い諸刃の剣となります。

シミュレーション

例えば次の様な条件でトレードするケースで脳内シミュレーションをしてみましょう。

資金40万円でドル円を10ロット(100万通貨)エントリーします。

余力PIPSが37とありますが、この計算結果はスプレッドを考慮していないので、実際には35PIPS程度です。

35PIPS逆行すれば強制ロスカットとなり、ほぼ全額近いお金を失いますが、100PIPS思惑通りに動けば、100万円の利益になります。

ハイレバレッジを活かせる場面に気づけるようになる

ハイレバレッジは数少ない限られたポイントでエントリーすることで最大の効果が生まれます。

要は、100PIPSの値動きをどこで捉えるかが一番重要になります。

また、可能な限り含み損の幅と時間を減らす方法も検討しなくてはいけません。

ハイレバレッジは少しの逆行でも、結構な金額になるので精神的ストレスを受け易く、エントリーに悩みが生まれるからです。

自分がここだと思う場面を見つけること。

具体的には、サポートレジスタンスが効いているような、逆行しにくいポイントであったり、ブレイクしたら結構動くだろうポイントもある程度予測しておくことが大事ですね。

自分のエントリー根拠をしっかりともって、ここだと思う場面でハイレバレッジを効かせて思いっきりエントリーする。

MT4のインジケーターでZigZagという天底を線でつないだリペイントするインジケーターがあります。

リアルタイムで天底を見つけるのはとても難しいですが、実際にZigZagのラインは天底になっているんです。

なので、1日の値動きだけを見ても、天底というポイントは毎日生まれて、そのポイントを通過しているのです。

天底が描かれたライン近辺での特徴や法則性を重点的に分析し、自分ルールに加えて下さい。

ハイレバレッジを活かせるエントリー方法は逆張りになりますが、エントリーのタイミングが逆張りになるだけで、その後流れが出ればトレンドフォローになるわけです。

今すぐトレードしなくても良いので、ここだと思うポイントに気づけるようになってからハイレバレッジで思いっきりトレードして下さい。

それがハイレバトレードで勝つために必要な事です。