XMは用途に応じて口座を使い分けることができるため、1アカウントで最大8個まで口座を持つことが可能です。

XMで提供されている口座種別は下記の3種類となっています。

  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • Zero口座

裁量取引用にスタンダード口座、スプレッドコストを抑えたZero口座、低ロットでEA運用にマイクロ口座と、口座を使い分けるシーンは様々です。

詳しくは「取引口座タイプ」からご覧下さい。

上記画像は取引口座タイプに設置されている一覧表の抜粋になります。

いずれの口座を開いてもXMで取引することが可能ですが、それぞれの口座に特徴がありますので、口座毎に説明しておきます。

マイクロ口座

マイクロ口座の特徴としては極小ロットでの取引が可能なことです。

1ロットの単位が1,000通貨単位となります。
他の口座と併用される場合は、ロット数量の入力間違いに注意して下さい。

MT4の場合、最小ロットが0.01ロットとなり、10通貨からの取引が可能で、最大取引数量が100ロットとなりますので、10万通貨までとなります。※MT5の場合、最小ロットが0.1ロットとなります。

MT4とMT5で扱える最小ロットが違うので、注意が必要です。

マイクロ口座のロットの内容を下記の表に整理しておきます。

ロット取引数量1PIPS10PIPS100PIPS
100100,0001,00010,000100,000
1010,0001001,00010,000
11,000101001,000
0.1100110100
0.01100110

とにかく極小ロットでの取引が可能なので、デモトレードでは物足りないと言う方や、EA稼働用としてマイクロ口座を使われる人が多いようです。

スタンダード口座

一般的な取引口座になります。

基本的な内容はマイクロ口座と同じなのですが、取り扱うロットが大きくなっています。

10万通貨以上の取引をされる方はこちらの口座をお使い下さい。

ロットの単位が10万通貨となっていますので、マイクロ口座と併用されている方は本当に注意が必要です。
ロット数量の入力間違いだけで、取り返しのつかない致命傷を負う可能性があります・・・

スタンダード口座のロットの内容を下記の表に整理しておきます。
ちなみに最小ロットは0.01からとなります。

ロット取引数量1PIPS10PIPS100PIPS
505,000,00050,000500,0005,000,000
101,000,00010,000100,0001,000,000
1100,0001,00010,000100,000
0.110,0001001,00010,000
0.011,000101001,000

主な用途としては、裁量取引、EA稼働として使われている事が多いです。

特にこだわりがない場合は、こちらの口座をお使い下さい。

Zero口座

スプレッドが他の口座と比べて低い取引口座になります。
スプレッドが低い代わりに手数料が発生しますが、1取引あたりのコストはどの口座よりも安くなっています。

1日に何度も取引をされる方はZero口座を使うことで、積み重なるコストを抑える事ができるので、上手くやれば資産を増やしやすい口座になっています。

しかし、良いことばかりではなく、この口座の場合、入金ボーナスを受け取ることが出来ません。

入金ボーナスに頼らずとも良いトレードが出来るのであれば問題はありませんが、入金ボーナスが欲しい人には不向きな口座となっています。

取引コストが安い分、入金ボーナスが貰えないところでバランスを調整しているなといった感じです(´・ω・`)

なお、Zero口座だけ最大レバレッジが500倍までとなります。

ロット取引数量1PIPS10PIPS100PIPS
505,000,00050,000500,0005,000,000
101,000,00010,000100,0001,000,000
1100,0001,00010,000100,000
0.110,0001001,00010,000
0.011,000101001,000

共通事項

上記ではそれぞれの口座の特徴を書きました。

この章では、全口座共通の特徴を説明します。

追証なし

数年に一度、通常の相場では考えられない価格の急変動が起こることがあります。

記憶に新しいのがスイスフランの上限撤廃事件ですね。

スイスフランの上限撤廃に関しては、下記の記事に概要を書いていますので、興味のある人はご覧下さい。

他にはリーマンショックや、日銀の追加緩和発動時、イギリスのEU離脱投票と、数分後に1円以上動く事がありました。

イギリスのEU離脱投票や日銀の追加緩和などは、発表スケジュールが事前に公開されていましたので、両建てやポジションクローズなどでリスク対策を取ることが可能でしたが、天変地異や要人発言は突発的にある日突然起きてしまうので、急変動に対策するのがとても難しいのです。

FXは基本的に入金額以上の損失を被ることは無いのでリスクを限定できると一般的に言われていますが、厳密に言うとこれは間違いです。

追証とは、簡単に言うと借金のことです。
価格の急変動にシステムが追いつかず、維持率不足でロスカットされるはずのデータが遅れてロスカットされてしまうことによって残高がマイナス状態に突入してしまいます。
そのマイナスを補填するための追加入金を追証と言い、返済義務があるため借金となります。
※個人的見解なので一部語弊があるかもしれません(;´∀`)

追証について詳しくはこちらの記事を参照下さい。

大体、追証が起きる時は数円単位のズレがありますので、損失額も桁違いな金額になることが多く、人によっては何千万、億越えの借金を自分の意思とは関係なく自動的に背負うことになってしまうのです。

そして、追証は日本の取引業者で起こる可能性がありますが、海外FX業者では起こりません。
XMでも当然ながら追証は発生しませんし、聞いたことがありません。

突発的な出来事はある日突然いきなり起こります。

勝手に多額の借金を背負う可能性があるなんて、おかしな話だと思いませんか?

最大ポジション数200個まで

普通の人は気になりませんが、EA運用をする人は気になる数字ですよね。

他には、トラリピやくるくるワイドの様に沢山のポジションを建てる人は、注意が必要です。

ポジションの数量に関わらず、どんなポジションでも合計200個までと制限されています。

たしか、指し値や逆指し値エントリーのような予約ポジションもカウントされます。

例えば、未執行の指し値エントリーが200個ある状態では、どんな新規エントリーも出来ません。

通常はあり得ませんが、理解を深めるために計算しますと、スタンダード口座で1ポジションの最大数量は50ロットですので、理論上XMで保有できるポジション数は、50ロット×200ポジション=10,000ロットとなります。

初回3,000円ボーナスあり

XMで新規登録を行う場合にだけ貰えるボーナスとして、3,000円が付与されます。

このボーナスはトレードで使うことは出来ますが、出金は出来ません。

具体的にどういうことかと言うとですね、下記画像の赤枠で囲っている「クレジット」にボーナスが入ります。

画像のクレジットの数字が大きくなっていますが、これはXMPポイントが付与されている状態ですので、ここではあまり気にしないで下さい。

クレジット欄に入っている金額はトレードに使うことは可能なのですが、リアルマネーとしてカウントされないので、出金対象とはなりません。

上記右の画像の場合、取引に使える資金は「80,000+121,014=201,014」で、出金対象額は「80,000」となります。

なお、資金の消化優先度は「残高>ボーナス」となりますので、トレードで損失が派生した場合、残高が0になってからボーナスが減っていく仕組みになっています。

XMP

スタンダード口座とマイクロ口座の保有者は、トレード毎にXMPというポイントが増えていきます。

このXMPポイント、ちりも積もれば山となり、結構な金額に膨れ上がってくれますので、XMPポイントだけでトレードをすることも可能です。

例えばこんなトレードとかも普通にOKなのです。

XMPはボーナスになりますので、トレードには使えますが出金対象とはなりません。

詳しくは「プロモーション」のXMTRADINGロイヤルティプログラムをご覧下さい。

その他

他には両建て可能であったり、EA稼働可能であったりと、ごくごく当たり前に出来ることは普通に出来ます。

不明点等あれば、お問い合わせからご質問下さい。